左パネル

  • ショッピング
  • Pickup Item
  • Look Book
  • Blog
  • 店舗情報
  • マイページ
  • help
  • Shopping Cart

BY ryouhei abe | 2021-06-29 09:18:18 | comm.arch.[コムアーチ]




"comm.arch.(コムアーチ)"

日本国内紡績の糸を厳選し、 現存する貴重なニットデザイナーや職人の連携により
質の高いお洋服を製作しているブランドです。

とにかく素材・作り・プロセスにこだわり、心地よく愛着を持ってずっと長く着られるお洋服。






デザイナーの高橋さまは、物腰が柔らかく、まるでニットのようなお方。

この方がつくる優しくも力強いお洋服に納得、そして脱帽です。



お休みの日に着るワクワクと愛着を。

職人の技術を、ぜひ肌で感じてください。


Go To Pagetop

BY ryouhei abe | 2021-04-08 21:12:01 | comm.arch.[コムアーチ], Tops [トップス]


今年も新色含めて登場!

【comm.arch.】の DOUBLE LAYERED S/S TEE

「ダブルレイヤードって名前の時点でカッコいいけど、どんなのナノ?」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一枚のTシャツがあるとします。

その一枚だと透ける可能性があります。さらにはヨレやすいことも心配ですよね。

DOUBLE LAYERED

つまり一枚のTシャツで二枚重ね、頑丈です。

加えて、縫い目が存在しないのでぱっと見て触れて「…えっ?」となります。

さらには高級インド綿を使用しており、とにかくサラサラの着心地。

二枚重ねを忘れてしまうほど気持ちの良いTシャツなのです。

語彙力のない感想でお伝えしておりますが、

縫製や素材の具体的な説明は商品ページを御覧ください。

シャツやパンツにも合わせやすい、七色で展開中!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●ライトブラウン●


●ブラック●


●ワインレッド●


●ブラウン●


●ネイビー●


●チャコールグレー●


●ダークブラウン●


Go To Pagetop

BY ryouhei abe | 2020-08-28 21:04:46 | comm.arch.[コムアーチ], Tops [トップス]


comm.arch.

日本国内紡績の糸を厳選し、 現存する貴重なニットデザイナーや職人の連携により
ニットウェアを製作しているブランドです。

とにかく素材・作り・プロセスにこだわり、心地よく愛着を持ってずっと長く着られるお洋服。

先日、デザイナー高橋氏による20AWコレクションに加え、

至極の手編みニットの受注会もSTARTいたしました。

以下、高橋さまより本当に嬉しいメッセージを頂きましたのでご紹介させていただきます。

ぜひ最後まで読んで頂きたいです!!

↓↓







『Farb-Akkord + comm. arch. の Hand Knitted P/OとHand Knitted Scarfが完成致しました。

2020年は、年明けから新型コロナウイルスの蔓延に伴い、未だに多くの暗いニュースを耳にします。

そんなご時世だからこそ、私たちの仕事である「ものづくり」や洋服を通して、

少しでもみなさんの気分が晴れるように、と願いを込めて、

Farb-Akkord店長の阿部さんと試行錯誤を繰り返しながら製作致しました。

Hand Knitted P/Oはレディースの手編みニットプルオーバー、

Hand Knitted Scarfはユニセックスの手編みニットマフラーになります。

comm. arch. の真骨頂、Hand Knitted P/Oの別注になり、

1点ずつ時間をかけて国内で手編みで製作しております。



色は、カラーズさん各店舗のロゴの色、計6色を抽出しました。

「できるだけ明度と彩度が反撥するように」=「できるだけ視覚的にインパクトが出るように」色組みを考えました。

私が、自分のコレクション用には選んだことの無い色も多数含まれるため、

仕上がりがとても新鮮で、私自身も満足しております。





色名の「COLORS UNITED」は、直訳すると「色の結合」ですが、私が各店舗のスタッフさんにお会いし、

商品のセレクトを拝見した時に、個性が全く違うのに一致団結している印象を受けました。

「COLORS UNITED」には、「スタッフ皆さんの団結」という意味も込められています。


comm. arch. AWのHAND KNITTED P/Oは、創業当初の2014AWから、

毎年色と柄を変えながら継続して製作している唯一のアイテムになります。

国内で希少なハンドニッターにご製作頂いている、かなり複雑な編み方のニットウェアなため高価になり、

展示会でたくさんご発注を頂けるアイテムではありません。

一時期、アイテムとしての継続を止めることも考えましたが、ブランド創業当初、

手探り状態の時に自らの足で編んで頂けるハンドニッターを日本中探し、

苦楽を共にしたという思い入れがあるため、なかなか止められず今に至ります。

また、私がパリのジョン・ガリアーノの元でニットを製作していた際に、

とても喜ばれた編み方であるため私自身にとっては、comm. arch.の起源でもあります。

その事も止められない大きな理由のひとつかと思います。



私が卒業したロンドンの美術大学は、すべての学部においてファインアートが基盤になるため、

当時私が製作していた洋服は、comm. arch. のデイリーな洋服とはかけ離れた、

かなり奇抜でアート要素の強い洋服ばかりでした。学生間の競争がとても激しい大学だったため、

その中で何か抜きん出る技術やアイテムを作るため、必死で手編みを覚え、

既存の編み方をアレンジして試験的なことをしておりました。

当時は、現在のHAND KNITTED P/Oよりももっと凹凸感が激しいニットを作っておりました。

その余分なモノをそぎ落とし、インパクトはありながらも日常着られる形に落とし込んだのが、

comm. arch. のHAND KNITTED P/O になります。



上の写真は、海外在住当時から現在も使用している、手編み、かぎ針用の編み棒です。

DIY用工具箱のニット版のようなもので、ここまで揃えていると、

基本的に作りたいものはある程度作ることができます。

ロンドン、パリ、そして現在いる東京と、私のデザイナー人生を共にしている相棒と言っても過言ではありません。



上の写真は、comm. arch. を始める決意した2013年の春頃、一番初めに試編みした編み地です。

思い立ってすぐなので、まだ発注をもらえるかどうかも分からなければ、

やっていけるかも分からない状況で、手汗びっしょりで試編みをしました。

編んで頂けそうなニッターさんに、事前に連絡をとってから、遠路はるばる訪問したにもかかわらず、

なぜか門前払いをくらって、軒先で膝をついて座り込んでしまった事もありました。

2014AWの1stシーズン、Hand Knitted P/Oの完成に至るにも、すでに紆余曲折がありました。



私がHand Knitted P/O の「ネタ帳」として作りためているファイルです。

海外に住んでいたときには、このような風変わりなデザインばかり考えていたため、

アイディアはいくらでも湧いてくる感覚がありました。

「ネタ帳」作りには、たくさんの糸を使用するため、比較的安価な糸を買い、試編み、修正を繰り返し、

編み図(編み記号)を作成します。

AWの企画を始める際に、素材や色組み、柄の配置などを決め、

最終的に熟練のハンドニッターと相談しながら展示会サンプルを製作して頂きます。



私の場合、手編みは本を見ながら独学で習得したため、

初めは腱鞘炎なのかと思うほど、手首を痛めながら練習しました。

会社勤めを経て、前職で4年勤務していた時には、業種の関係で全くニット製品を作ることが無かったのですが、

comm. arch.の立ち上げを決断してニットづくりを再開した時には、

全くブランクを感じないほどスムーズに編むことができました。

興味深いことに、若い頃苦悩して習得したことは血となり肉となるものです。



今回製作した、Farb-Akkord + comm. arch. の Hand Knitted P/OとHand Knitted Scarfには、

近年の大震災、台風被害、今年の新型コロナウイルスなど、数々の苦難を乗り越えて来た

Farb-Akkordへお越し頂くお客様に、少しでもほっこりして頂きたい、

そして暖かく2020年の冬をお過ごし頂きたいという願いを込めて製作致しました。

皆さまの生活の中に、より笑顔が増えますように。

そして、一日でも早くこの騒動が終息して、元の生活に戻りますように心より祈っております。』


高橋さんの想いが伝わる優しいニットです。

ぜひ店頭で触れて、着て、感じて下さい。

高橋さん、本当にありがとうございます。


Go To Pagetop

BY ryouhei abe | 2020-07-24 21:03:28 | comm.arch.[コムアーチ], Tops [トップス]


“しじら織り”とも呼ばれるシアサッカー生地。

凹凸感があり肌に触れる面積が少ないため、ドライなタッチで清涼感のある素材です。

雰囲気抜群のシアサッカー生地を、あの ”comm.arch.” が優しく仕上げてくださいました。

軽くて、涼しくて、スポーティ、だけれどキレイめ。

暑くなるこれからの夏に、ぜひ一着。














Go To Pagetop



30℃まで上がったかと思ったら

12℃まで下がる気温。

どうか皆様、

風邪などひかないようご注意くださいね。




前回に続き、

comm.arch.(コムアーチ)より、

今回はレディースのシャツワンピースをご紹介いたします。




シボ感が素敵!

ノーカラーのシャツワンピースになります。


麻とスーピマコットンの綿麻糸に、ポリエステル糸を巻き付け、
旧織機で織り上げた素材を使用しております。

↑↑これだけでも凄そうですね。。('ω')





聞いたことある、「スーピマコットン」って?

しなやかでやわらかく、滑らかな肌触りという3拍子そろった

最高級ランクのコットンです!



肌離れもよく、夏にさらっと着たいですね。

雰囲気も抜群です!

さすがコムアーチ様。





色違いで涼し気なストライプ柄も。

明るい色味でコーディネートを華やかに。








暑さだけでは済まない日本の夏。

寒さ対策にも、紫外線対策にも必須な羽織りですね。

have a good HAORI life !
↓↓




Go To Pagetop

ようこそGUESTさん

<< 2021年7月 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< LAST   NEXT >>
LATEST[最近の記事5件]
2021-06-29 09:18:18
comm.arch. とは? 
2021-06-05 21:48:47
Johnbullとは? 
2021-05-30 10:12:19
SCOTCH&SODAとは? 
2021-05-04 22:33:57
ポルトガルの伝統的製法で生まれたシャツ 
2021-04-17 21:36:04
ウクライナの職人技 ”KRUK GARAGE” 
更新通知
RSS2.0

Copyright i.d.&company All Right Reserved.